船の修理 / 傷の補修作業

先日より傷の修復を行っているこちらの船

ブログ 01411

次にへいぞうが、見に行った時には、

前の状態より更にしっかりと養生されておりました。



このような養生をしたと言うことは、

ガン吹き塗装を行ったに違いない!?



と傷のあった部分を見に行こうとしたものの、

厳重な養生が邪魔して船の中には入れません。

横には足場に上るようにはしごがセットしてありましたが・・・

へいぞうは高いところが苦手ですので・・・


とりあえず、泣く泣く下から一枚撮っておきましょう

ブログ 01511

傷があったのはレーダーアーチの上部分だから意味がないのでは?

と思われるかも知れませんが、

下から見た部分も、

キレイに光を反射してキレイなのがお分かりになりますか?


というのも、このような修復作業の場合、

傷の修復をした場所だけ塗装を施す場合もありますが、

傷がついていない場所も

一からキレイに下処理をして

広い範囲で塗装を行うこともあります。

その方が作業した場所との差がなくきれいな仕上がりになるのです。


今回は下から見える部分もガン拭きしました。



そして、そんな中、

統括部長がおもむろに登場して

へいぞうがフライブリッジへ上がれるように

一部 養生を外してくれました。


ということで、早速、お目当てのレーダーアーチ部分をパシャリっ

ブログ 1515

えぐれていた部分はキレイに消え、

どこに傷がついてしまったのか

全く分かりません。



よく料理番組で美味しい料理を

なんで、どこが、どのように美味しいのか分かりやすく表現する方がいますが、

へいぞうは塗装作業後の姿を『 キレイ 』という表現しかできないのが、

悔しい限りです・・・


本当はへいぞうの単純な表現ではなく、

ぜひ作業後の姿をたくさんの方に見ていただきたいものです。




なんて一人で考えていたら、

統括部長が塗装を行った場所へ

バフがけを始めました。

9月19日

塗装を行った場所を磨くとさらにツルツルになるのです!!


ちなみに、こちらの船はすでに納艇しましたが、

オーナー様がとても喜んでくださいましたよ


もちろん現場スタッフに限らずですはありますが、

特に統括部長や作業を行ったスタッフは

目の前でオーナー様が喜んでくれるのが一番嬉しいようで、

次の作業のモチベーションにつながっているみたいです!!


さてさて、これからも頑張りましょう!!


br_decobanner_20100905093627.gif






へいぞうより

tag : 船の修理

船の修理を行う為に

こちらのフェアライン38

昨日 進水式を行いオーナー様と一緒にホームポートへ出航しましたが、

作業の様子を少しづつアップしていきますね!


ブログ 016
 

ある日 へいぞうが 現場を見に行くと

フェアラインの後ろ側で 統括部長 と 菊ちゃん が 

わっせ、わっせと作業を行っています。

ブログ 062 

作業を行いやすいように足場を組んでいたのです!


船に作業を行うときは、

脚立では届かない場所や、

脚立ではカバーしきれない広範囲に作業を施すことが多々あります。

ブログ 070 

しかし、よく現場に行って、

組んである足場は見るのですが、

足場を組んでいる途中を見ることは へいぞう にとって稀です。


組むバランスを考えたり、

曲がっていないかなど声をかけ合って確認しながら作業を進めていました。


足場を組むのも結構、大変そうです・・・

ブログ

そして、次の日には足場が完成していました!!


この足場はどこの作業を行うために作成したかというと、

↓ メインはレーダーアーチのところです。

ブログ 057 

丸く囲ったところに傷があるのがお分かりになりますか?

実はこのような傷が何箇所かあり、

それらを修理させていただくことに

ブログ 055丸

しかし、他の場所は へいぞう には撮影できないような

高い場所でしたので

作業の様子は上の写真をメインで撮っていきますね!!



br_decobanner_20100905093627.gif

へいぞうより  



tag : 船の修理

船の修理 /  ガンネル修理

先日、ガンネルが一部破損してしまったので

修理して欲しいと下の写真の船を上架しました。

8月13日

上架後、破損部を見てみると、

左舷バウ側のガンネルが取れそうになっていますね。

 
8月13日2

外部からの力が加わったことにより、

ガンネルを留めていたボルトが折れてしまったようです。


また、ボルトの刺さっていた穴も

えぐれて広がってしまっていましたので、

その穴は積層して埋め、

新規に穴を開け直しました!!


ちなみに、今回のように船体に穴を開けた場合は、

必ず水が漏れないような処理を施し、

作業完了後も水漏れがないかを念入りにチェックしています。


 
8月13日1

ガンネル周りに多少の傷は付いていましたが、

船体自体は破損していませんでしたので、

今回はガンネルを留め直し、

周りの船体を一部バフがけして作業で完了です!

ブログ 038 


上の写真をよく見てください!

今回は船体に塗装は行わず

バフがけのみ行いましたが、

結構キレイになりますね!!


ガンネルというのは、

船体が破損しない為の防舷材ですので、

どうしても破損しやすい箇所の一つです。


ガンネルが破損した状態で、

再度ガンネルが破損した時と同じ力が加わってしまうと、

船体が破損してしまうこともあります。


修理しても破損しやすいから・・・

とそのままにせず、

必ず修理するべき箇所の一つではないでしょうか。


ちなみに、この船は破損修理を行うと同時に

船底も一部タッチアップさせて頂きました。


もちろん、タッチアップのみならず、

船底塗装作業などを

合わせて行うことも可能ですので、

ぜひ、ご相談ください!!



br_decobanner_20100905093627.gif





へいぞうより

tag : 船の修理

船の修理  / 新規に作成致します!

これは木製のハッチです。

ブログ 009

経年劣化により木が腐ってしまっています、、、

なんだか触ったら崩れてしまいそうですね

ブログ 010

オーナー様に何とかして欲しいとご相談を頂き、

新規に作り直すことになりました


今回使用した材料は特殊な板材です。

こちらをFRP積層など加工して

以前使用していたドアと同じ形に造っていきます!

ブログ 004

そして下の写真が完成の一歩手前、

サフェイサーを入れた状態です

ブログ

こちらを ガン吹き塗装して完成です!!

ブログ 917

我がヤードでは今回のように破損した場合にも

新規に外装パーツを製作することができます。



また破損の範囲や深さによっては

既存のものを修復して対応することも可能です。

お客様にとって一番いい修理方法を提案させていただきますので、

お気軽にお問い合わせください。


br_decobanner_20100905093627.gif





へいぞうより

船の修理 / 金属部分の電蝕

先日上架したこちらの船

ブログ 007

よーく近づいて見てみると、、、

プロペラに電蝕発見!!

ー+0071_convert_20110625142113

写真でみると、下側が色が変色し、少し欠けています。


本当に船というのは、

常に電蝕と闘わなくてはいけません、、、


そして、電蝕の怖いところは

貝やフジツボのように、

船に乗っていて

『 なんかおかしい? 』

『 船が重い気がする、、、』

など気づけないところです。


上架して初めて発見することがほとんどではないでしょうか。


逆に言えば、上架した際は電蝕などを見つける絶好のチャンスです!!

もちろん我がヤードで上架した船に関しては

必ず金属周りもチェックさせていただいておりますが、

ぜひオーナー様ご自身でも細かくチェックしてくださいね!


またジンクは、

長期的にどう変化があるのかなど細かくメモしておくと、

ジンクの取り付け箇所がその船にあっているのかなど分かりますので、

ぜひ、上架した際はオーナー様も、

我がヤードスタッフと一緒に、

細かくチェックしてくださいね




へいぞうより
プロフィール

彦十

Author:彦十
 もともと『 船 』 の 『 ふ 』の字も知らない私には、少し特殊にも思えた職場ですが、たくさんのオーナー様や船長様、クルーの方達に出会い、愛艇を大切にする気持ちに触れ、この仕事につけて良かったと日々実感しています!
 ブログを通じて作業の様子やヤードの様子、そしてスタッフの様子などできるだけ多くご紹介し、安心して愛艇をお任せいただけるよう頑張ります!!

ホームページはこちらです!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
海情報はこちら
フリーエリア


ブログランキング
フリーエリア
http://blog-imgs-52.fc2.com/y/o/k/yokohamaboatyard/boatyard_bnr_small_201411130938447d1.gif
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR