緊急上架

本日はこちらの船を緊急で上架致しました。


船長様曰く、

『 プロペラに何か巻いてしまったようで、

  船に振動が起こる・・・ 』

とのことでした。

10月1日6

早速 上架してみると・・・

船長様の言うとおり、

プロペラにしっかりと網のようなものが巻きついています・・・

10月1日3

これをキレイに取り外していきます。

10月1日4

取り外す作業を行いながら、

プロペラ自体に破損がないか確認しましたが、

特に曲がっている様子はありませんでしたので、一安心

10月1日1

台風の影響で海が荒れることが多かったからでしょうか?

最近は海に浮いているもので起こるトラブルが

急に増えているように思います。

10月1日

海に浮いているもので起こるトラブルは

未然に防ぐことが難しいトラブルの一つかと思います。


このようなトラブルが起こってしまった場合は、

安全の為、早めに発見することがとても大切です。


発見といっても、

水の中で起こっているトラブルを海に浮いている状態で、

見て確認することはできません。


このような場合は、

振動や異音、臭いなどが

普段の様子と 『 何か違う? 』

ということで気づき、

トラブルを発見することが多いです。


ということは普段から、

愛艇の様子をしっかりと把握することが、

安全なマリンライフをエンジョイする為には大切なことですね

10月1日5

もし、回航中に何か異変を感じたら、

すぐにご相談ください!!


電話番号 045-440-6761



br_decobanner_20100905093627.gif

へいぞうより

tag : 船の上下架

船の上下架

先日こちらの船を上架致しました

151111


こちらの船は全長がなんと、

23,99メートルです

小型船舶の免許で操縦できる目一杯のサイズです。



こちらの船と並ぶフォークやプルが

小さく見えますね

 
この大きな船の金物を磨いているのは 菊ちゃん です。

1611

金物磨きが完了しましたら、

オーナー様のご希望の方法で処理を行います。


ところで、最近 

『 カタマランのようなビームの広い船の上架もできます。 』

と言う内容のブログをアップしたばかりではありますが、

もちろん、我がヤードでは、

20フィートサイズの船の上下架も喜んでお受けしています!!


先日よく我がヤードの前を船で通る方より

「 小さい船の上下架はやってないんでしょ? 」

とご質問を受けました。




いえいえ

我がヤードでは当社設備で安全に上下架と保管ができる

サイズや形状であれば、

喜んで作業をお受けしております。


きっと、大きい船が上架されていると、

海側から見てもかなり目立つからではないかと思います。

このような質問はちょこちょこ頂きます。


もし、我がヤードの作業内容に興味を持ってくださったオーナー様、

船が上下架保管ができるかは、

船のサイズや形状などを踏まえてご相談させてください。


まずは、ぜひご連絡をお待ちしています!!


br_decobanner_20100905093627.gif



へいぞうより


  

tag : 船の上下架

カタマランを上架

先日上架した船は、

かなり遠くからでも分かりますね


ブログ 004
 

ジャンッ!!

カタマランです!!

ブログ 011 


カタマランとは二つのハルを甲板でつなぎ合わせた形をしており、

ご覧の通りビームがかなり広いです。

屋形船や遊覧船もビームが広いものが多いですが、

こちらはそれにしても広いですね~


このサイズだったら、

もちろん置き方にもよりますが、

ワゴン車が中に駐車できるサイズじゃないかと



我がヤードでは桟橋の内側が6,6メートルあります。

船の形状などにもよりますが、

今回のようなビームが広めな船も上架することが可能です。

( 船の形状や上架時に必要なベルトの本数、太さなどさまざまな条件により

 6,6メートルより狭いサイズでも上架ができない場合がございますのでご了承ください。 )


ちなみに今まででは

6,3メートルのカタマランが一番、全幅が広く 

全長では26メートルのバグリエット83ftが一番長かったです。



まずはお気軽にご相談ください!!


br_decobanner_20100905093627.gif


へいぞうより

tag : 船の上下架 カタマラン

船の上下架作業

船の上下架を行う際、

あて木挟んだり、ダイバー作業を必要とする船があります。


まさにこちらの船は上架時にあて木とダイバー作業が必要な船です。

今回ご紹介するのは

この船の下架するときの作業内容です

ブログ 008

下架する時は

陸上であて木を挟み、

ベルトの位置もきちんと確認することができますので

ダイバーは作業を行いません。

ブログ 017

そして下架後はあて木を回収し、オーナー様にお返しします。


文章で書くととても簡単な作業に見えてしまうかもしれませんが、

なんせ、トン単位の船に対する作業になりますので、

ベルトにあて木を挟むのも一苦労です。


細心の注意を払いながら作業を行います。



そして、このあて木はトン単位の船の重さを受けながら

ベルトと船の間に挟まれますので、

海水につけベルトをゆるめても船体から離れないこともあります。


そんな時にはゾディアックが大活躍です

ブログ 029

そして回収されたあて木がこちら ↓

ブログ 027

ちなみに この木は、ただでさえ重いのに、

海水を含みさらに重くなっていますので、

へいぞうは持ち上げることができません・・・


そして、無事にあて木の回収も終わりましたので、

出航!!

ブログ 031

お気をつけて


br_decobanner_20100905093627.gif




へいぞうより

tag : 船の上下架

横浜コットンハーバーボートヤード /  船の上下架

この日に上架した船は、なんと83フィートもあります

ブログ 006OK

横から見ても大迫力ですね!!

ブログ 055OK

ちなみにこちらの船は上架の際にダイバーが潜り、

船底のベルトの状態を確認したり、

あて木をベルトと船体の間に入れる作業を行いました。

ブログ 066OK

我がヤードでは

20フィートクラスから、80フィートクラスまで上下架が可能です。

また船の形によってはダイバーによる上下架補助対応も可能です。

ぜひお気軽にお問い合わせください。



br_decobanner_20100905093627.gif



へいぞうより

tag : 船の上下架

プロフィール

彦十

Author:彦十
 もともと『 船 』 の 『 ふ 』の字も知らない私には、少し特殊にも思えた職場ですが、たくさんのオーナー様や船長様、クルーの方達に出会い、愛艇を大切にする気持ちに触れ、この仕事につけて良かったと日々実感しています!
 ブログを通じて作業の様子やヤードの様子、そしてスタッフの様子などできるだけ多くご紹介し、安心して愛艇をお任せいただけるよう頑張ります!!

ホームページはこちらです!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
海情報はこちら
フリーエリア


ブログランキング
フリーエリア
http://blog-imgs-52.fc2.com/y/o/k/yokohamaboatyard/boatyard_bnr_small_201411130938447d1.gif
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR