スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船底清掃 塗装作業

先日上架しました船の海水取り入れ口です。

この状態では

海水がスムーズに取り入れられません。

 
10月7日2

そして、こちらがプロペラです。

こちらもぎっしりと貝やフジツボがついています。

   
10月7日

プロペラがこの状態になってしまうと、

回りにくいを通り過ぎて、

危険です・・・


こちらの船はしばらく使用していなかったそうです。


船をしばらく使用しないでいると、

貝やフジツボが安心して

隙間という隙間に入り込み、

プロペラと船体の狭い隙間にも成長していきます。 




さてさて作業をスタートします!


まずはて手作業にて貝やフジツボを落としていきます。

  
ブログ 018 

手作業にて貝やフジツボを落とした後は、

高圧洗浄機を使用してすみずみまでキレイに洗っていきます。

 
ブログ 019

きれいに清掃が終わったら塗装と作業は進みます

コピー ~ ブログ 00111

 

船を使用していない時についてしまう貝やフジツボは

本当に思いがけないところにも進入し、

トラブルのもととなることもあります。



久しぶりに船に乗った場合、

まずはフルスピードにするのではなく、

臭い、振動、など変なところがないか

細心の注意を払い、

少し様子を見ながら走らせるように心がけてくださいね!



br_decobanner_20100905093627.gif 


へいぞうより

スポンサーサイト

アルミ船の船底清掃

こちらは、先日上架した船のスルハルです

ところ狭しと貝やフジツボがついています

まずは手作業で貝やフジツボを落としていきます。

ブログ 002

手作業で貝やフジツボを落とした後は

高圧洗浄機を使用してキレイに洗浄していきます。


その後はスルハルに取り付けられていたカバーを外し、

再度キレイに清掃していきます

IMG_3338.jpg

下の写真は清掃が終わりカバーが外されている状態です。

なんだか作業前は

カバーにたくさん貝やフジツボがついていたせいもあり、

プロペラの姿が全く見えませんでしたが、

はっきり見えるようになりました


このスルハルの清掃作業、

真っ直ぐな場所を清掃するのとは違い、

狭くて丸空間になります。

現場スタッフ曰く、

キレイにするコツは

地道に作業を行うことらしいです

ブログ 005

そして塗装となるのですが、

その前に・・・



こちらの船はアルミ船になります。

アルミ船というのは、貝やフジツボのへばりつき具合が強力で、

通常行っている清掃作業だけでは、

なかなかキレイになりません


凸凹している状態のまま船底塗装を行ってしまうと、

水の抵抗もありますし、

そこに、また貝やフジツボがつき、

更に強力にへばりついてしまします。


ということで、

一度サンディングさせていただくことに

ブログ 006

下の写真の左下と他の場所が

少し違う表情をしているのがお分かりになりますか?

この左下以外がサンディング済みの場所になります。

ブログ 007

そしてすべてのサンディングが終わったら、

初めて船底塗装作業を行うと言うわけです!




ところでアルミ船の場合、

傷や破損の修理には溶接作業が必要な場合があります。


以前この船も修理をさせていただいたことがありますが、

我がヤードではアルミ船のような溶接修理に関しても

承っております。



アルミ船の船底清掃から修理作業まで

お気軽にお問い合わせください!!


br_decobanner_20100905093627.gif



へいぞうより

tag : アルミ船

船のメンテナンス

曳航作業などで活躍してくれる

我がヤードのレスキュー艇


ブログ 001


時々 上架して船底清掃などメンテナンスを行っておりますが、

今年は貝やフジツボの付くスピードが早いこと、早いこと・・・。  
 
ブログ 003 

安全の為には、

とにかく小まめにメンテナンスを行うしかないですね

ブログ 005

そのメンテナンスですが、

船底に付いている貝やフジツボを清掃するのは

もちろんとても大切なことですし、

オーナー様や船長も汚れが気になる場所かと思います。


しかし、エンジン周りなど船内に取り付けられているジンクの消耗具合や

海水こし機の清掃など、

少し忘れがちな場所こそ、

メンテナンスを怠ると

大きなトラブルを引き起こしかねないということを

忘れないで下さい



トップシーズンと言われる夏が過ぎた今、

愛艇の疲れを、一度取ってあげてくださいね!



br_decobanner_20100905093627.gif



へいぞうより 

tag : 船のメンテナンス

船のメンテナンス / ぼうずにもメンテナンスを!

先日は、ぼうず のメンテナンス作業の、

FRP積層が完了したところまでアップしました。

ブログ 030

この後は形を整えてから、

塗装作業を行います。

9月2日

塗装を行い ぼうず のメンテナンスは完了です!!


この ぼうず というのは、係留の際ロープを固定したり引っ掛けたりしますので、

非常に強い力が加わる部分です。


その為 当然、破損することもありますし、

劣化も早くなります。


また、大きな破損とならなくても、

心材の木が傷み、トゲができやすくなることもあります。


もし、お気になるようなところがありましたら、

お気軽にご相談ください!!


br_decobanner_20100905093627.gif



へいぞうより

tag : ぼうず

船のメンテナンス / ぼうず のメンテナンス

先日バウの改造作業の為 上架した船の 

ぼうず に強度を出す作業をご依頼頂きました。


8月23日2
 

作業を開始します!!

8月23日3 

まずは、サンディングを行い、

古い塗料や劣化した部分を削り落としていきます

8月23日4 

そして、サンディングが完成したら、

FRP積層を行い強度を出していきます!!

ブログ 030

ぼうず というのは釣船によくついていますね!


この ぼうず は ロープを固定したり、かけたりしますので、

当然ながら強い力が加わることも多いです。


よって、破損しやすい場所のひとつと言えます。

それだけ破損しやすく重要な役割をもっている 

ぼうず ですから、

常にチェックしてメンテナンスをしたいですね!



破損した場合はもちろんのこと、

経年劣化が目立つようになりましたら

ぜひお早めにご連絡ください!!


作業はまだ続きます。



br_decobanner_20100905093627.gif


へいぞうより






tag : 船のメンテナンス

プロフィール

彦十

Author:彦十
 もともと『 船 』 の 『 ふ 』の字も知らない私には、少し特殊にも思えた職場ですが、たくさんのオーナー様や船長様、クルーの方達に出会い、愛艇を大切にする気持ちに触れ、この仕事につけて良かったと日々実感しています!
 ブログを通じて作業の様子やヤードの様子、そしてスタッフの様子などできるだけ多くご紹介し、安心して愛艇をお任せいただけるよう頑張ります!!

ホームページはこちらです!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
海情報はこちら
フリーエリア


ブログランキング
フリーエリア
http://blog-imgs-52.fc2.com/y/o/k/yokohamaboatyard/boatyard_bnr_small_201411130938447d1.gif
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。