FC2ブログ

アルミ船の船底清掃

こちらは、先日上架した船のスルハルです

ところ狭しと貝やフジツボがついています

まずは手作業で貝やフジツボを落としていきます。

ブログ 002

手作業で貝やフジツボを落とした後は

高圧洗浄機を使用してキレイに洗浄していきます。


その後はスルハルに取り付けられていたカバーを外し、

再度キレイに清掃していきます

IMG_3338.jpg

下の写真は清掃が終わりカバーが外されている状態です。

なんだか作業前は

カバーにたくさん貝やフジツボがついていたせいもあり、

プロペラの姿が全く見えませんでしたが、

はっきり見えるようになりました


このスルハルの清掃作業、

真っ直ぐな場所を清掃するのとは違い、

狭くて丸空間になります。

現場スタッフ曰く、

キレイにするコツは

地道に作業を行うことらしいです

ブログ 005

そして塗装となるのですが、

その前に・・・



こちらの船はアルミ船になります。

アルミ船というのは、貝やフジツボのへばりつき具合が強力で、

通常行っている清掃作業だけでは、

なかなかキレイになりません


凸凹している状態のまま船底塗装を行ってしまうと、

水の抵抗もありますし、

そこに、また貝やフジツボがつき、

更に強力にへばりついてしまします。


ということで、

一度サンディングさせていただくことに

ブログ 006

下の写真の左下と他の場所が

少し違う表情をしているのがお分かりになりますか?

この左下以外がサンディング済みの場所になります。

ブログ 007

そしてすべてのサンディングが終わったら、

初めて船底塗装作業を行うと言うわけです!




ところでアルミ船の場合、

傷や破損の修理には溶接作業が必要な場合があります。


以前この船も修理をさせていただいたことがありますが、

我がヤードではアルミ船のような溶接修理に関しても

承っております。



アルミ船の船底清掃から修理作業まで

お気軽にお問い合わせください!!


br_decobanner_20100905093627.gif



へいぞうより

tag : アルミ船

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

彦十

Author:彦十
 もともと『 船 』 の 『 ふ 』の字も知らない私には、少し特殊にも思えた職場ですが、たくさんのオーナー様や船長様、クルーの方達に出会い、愛艇を大切にする気持ちに触れ、この仕事につけて良かったと日々実感しています!
 ブログを通じて作業の様子やヤードの様子、そしてスタッフの様子などできるだけ多くご紹介し、安心して愛艇をお任せいただけるよう頑張ります!!

ホームページはこちらです!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
海情報はこちら
フリーエリア


ブログランキング
フリーエリア
http://blog-imgs-52.fc2.com/y/o/k/yokohamaboatyard/boatyard_bnr_small_201411130938447d1.gif
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR